主夫の気になるあれこれ

子煩悩パパの気になるあれこれを紹介する雑記ブログです

【にじいろジーン】冷めても美味しい鶏のから揚げレシピ!低温調理でカラッとジューシー


スポンサーリンク




 

今回は2019年6月22日(土)に放送された『にじいろジーン』内で紹介された、冷めても美味しい鶏の唐揚げレシピをまとめていきます!

低温調理をすることによって冷めてもふっくらジューシーになるとのことですが、結果やいかに…!?

 

このレシピを教えてくれたのは低温調理術で話題の水島弘史さん。料理教室を開くと予約開始3分で予約がいっぱいになるほど人気のっぷり。

 

 

 

クッキングはぐっさんと篠原涼子さんが挑戦しました☆

ちなみに今回の調理方法では、料理用温度計が必須になります。ダイソーなどの100均にも販売しているので、持ってない方は購入しましょう!

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

冷めても美味しい唐揚げのレシピ 

冷めても美味しい唐揚げのレシピ

 

材料(2人分)

鶏もも肉 200g

 

<A:臭みとり>

水 1リットル

塩 8g

 

<B:下味>

砂糖 4g

塩 1g

醤油 15g

日本酒 8g

溶き卵 15g

おろし生姜 10g

にんにく 4g

こしょう 5回転

片栗粉 15g

 

<C:揚げ用>

片栗粉 適量

油 適量

 

 

テレビ内で全てグラム数で紹介されてて分かりづらい。。

 

スポンサーリンク
 

 

低温調理で唐揚げの作り方 

低温調理で唐揚げの作り方 

 

ステップ①:鶏肉の臭みをとる

冷めると臭いが気になることがある鶏肉も、食塩水に漬けることによって臭みを取り除くことができます。

 

①:1ℓの水に塩8gを加え、濃度0.8%の食塩水を作る。

②:一口大に切った鶏もも肉200gを入れる。

③:中火よりやや弱い火で、45℃くらいまでゆっくり加熱してザルに取る。

 

 

ステップ②:下味をつける

④:Bを混ぜて、そこへ低温で茹でた鶏肉を約10分間漬けおく。

 

10分間漬けることで鶏肉にしっかり下味がつくよ!

 

 

ステップ③:低温で揚げる

⑤:鶏肉にCの片栗粉をまぶす。

⑥:フライパンに油を注ぎ、火をつけずに鶏肉を並べる。(油は鶏肉がちゃんと浸かるくらいにする)

⑦:中火にかけ、80℃の油でゆっくり約10分ほど火を入れていく。

⑧:唐揚げを油から一度取り出し、油を強火にかける。

⑨:油が180℃に温まったら唐揚げを入れ、約20秒揚げて完成!!

 

 

火をつけずに鶏肉を入れるのがポイントです!

というのも肉は急激に温度が上がると水分が逃げて、固くなってしまいます。冷たい油からじっくりと火を入れることで、冷めてもジューシーな仕上がりに☆

 

最後に高温で揚げるから外はサクッと!中はジューシーに仕上がるよ♪

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ 

今回は『にじいろジーン』で紹介された、冷めても美味しい唐揚げレシピについてまとめていきました!

冷めてからじゃなく、出来立てもジューシーさがかなり違うみたいで、ぐっさんも篠原涼子さんも「同じ鶏肉!?」と大絶賛!

 

通常の唐揚げよりも手が込んでいるので、作るのが億劫になるかと思いますが…

ぜひ参考にして作ってみてくださいね☆ 

 

ではでは!

 

スポンサーリンク