主夫の気になるあれこれ

子煩悩パパの気になるあれこれを紹介する雑記ブログです

息子の処女作「名前付けときゃ現代アートや」感がある


スポンサーリンク




f:id:miyajin1015:20180529230359j:plain

 

そう言えば、息子に絵を描かせた事なかったなーと、ふと思う。

 

磁石のペンで描いて、サーッと消すやつ(名前不明、察して)
は持っているので、それではお絵描き経験は有り。

 

そうじゃなくて、色鉛筆とかクレヨンで紙に描かせたことなかったなーと。

 

という事で、お絵描きに初挑戦することに!

ただし机や壁が汚れる事を懸念して、色鉛筆でのお絵描きにした。

 

1歳11ヶ月の初アート作品が生まれるまでの、短い道のりをご紹介する。


あなたはこれから、歴史に名を残す芸術家の”初作品”を目の当たりにするかもしれない…(適当)

 

 

色鉛筆に興味心身の彼

f:id:miyajin1015:20180529230514j:plain

 

なんか仕上がってきた

f:id:miyajin1015:20180529230601j:plain

 

そして完成

f:id:miyajin1015:20180529230628j:plain

 

処女作
題名「ブーブーガオーパオーン」

 

彼が「ブーブーガオーパオーン(豚、ライオン、ゾウ)」と言いながら描いていたので、そうなのだろう。

 

先日行った動物園を描いているのだろうか?

 

これ以上の詳しいことは彼から聞けず、真相は謎のままだ。

 

ただ、現代アートとはそういうもの。
聞いた私が野暮だった。

 

彼は彼なりに、自分の表現出来る方法で、表現したいものを表現しただけ。
ただそれだけの事なのだ。

 

 

 

まだまだ先生は意欲的だ。

 

今日は良くペンが走る。

 

f:id:miyajin1015:20180529230805j:plain

 

そして2作目が生まれた

f:id:miyajin1015:20180529230840j:plain

 

題名「だぁー」

 

さすが先生!
2作目にして、点々に描くという手法を入れてきた。
この想像力が先生の魅力なのだ。ファンが大勢居るのもうなずける。

 

そして題名の「だぁー」に至っては、もうよく分からない。
そう言いながら描いていたので、恐らくそういう気持ちだっただけなのだ。

 

これ以上作品について聞くと、教養がないと思われてしまう…

私はまたしても「現代アートはこういうものだ…」と自分を納得させたのである。

 

 

まとめ

とりあえず現代アートって言っときゃ、何でも価値が付く。

 

完全にディスっているように聞こえるかもしれないが、そうではない。

 

価値とは人それぞれということを伝えたいのだ。
見る人が見れば価値がある。
1万円札をスーパーインフレした貧しい国に持って行っても、ただの紙切れ。それよりも食料の方が何倍も価値があるだろう。
現代アートは、そういう感覚に近いのだと思う。

 

お金や生き方もそう。
それを否定も肯定もする必要はない。

 

この先生の絵が30億人に否定されても、1人に「欲しい」と思われればそれで価値が出来る。
むしろ私達夫婦にとっては、この処女作はとても価値のあるものだ。

 

そう先生は私達人類に伝えたかったのかもしれない。。

 

 

 

ではでは!笑

 

 

スポンサーリンク